SEARCH:
=2013/05/31=

健康を保つために大事なこと

Author: pseudonym

じぶんは今、39歳になります。
これまでは健康なことが当たり前でしたし、特に何もしてきませんでしたがなぜ自分がこんなに元気なのかを改めて考える機会がありました。
それは自分の父親との比較です。
実は私の父親も今年、古稀を迎えるのであるがとにかく元気です。
痛いところ、病気など一切ありません。
ゴルフは年間50ラウンド以上、お米を作ることを中心とした農作業でとにかく一年間動きっぱなしです。
父親の場合はこの張り合いがいいのだと思います。
仕事を辞める前よりも今の方が元気といえるかもしれません。
そんな父親を見ていてわたしも自分自身の健康を考えたのである。
今なぜ自分がこんなに元気かということを考えました。
まずは何と言っても運動かもしれません。
仕事はデスクワークですが毎日10000歩以上を歩き、ゴルフも年間30ラウンド以上、そして毎週練習場通い。
これだけで今の年齢なら十分な運動量です。
そして睡眠。
確かに若いころはあまり寝ないでも大丈夫と言って無理をして遊んだこともありましたが今は逆に毎日6時間以上の睡眠を欠かしたことはありません。
逆にこの睡眠時間が足りないときは調子が悪くなってしまいますから。
そして、3つ目。
それは食事です。あまり好き嫌いもなく、ダイエットなど気にせず、とにかくたくさん食べています。
甘いものも同じように好きなのでたくさん食べています。今の運動量を維持していればこれだけ食べていてもあまり肥満にならないこともわかっていますので。
こうして、運動、睡眠、食事の基本的な3つの要素のおかげで私自身は健康を保つ事が出来ていると思うのであるがこれからは、さらに定期的に人間ドックに入ってケアをしたりすることも必要かなと感じています。
こうした取り組みを続けてさえいれば、父親の年齢になっても同じように元気で活発な生活を健康的に送れるのではないかと自分自身では自己分析をしているところです。元気に長生きしたいものである。

健康促進にはポリフェノールが最適

健康な体を著しく崩す原因となるのが活性酸素で、呼吸をする事でも生まれてきます。
活性酸素には、過酸化脂質と呼ばれる物質が含まれていて、体の組織を錆びさせる原因になります。
過酸化脂質が血管を錆びさせてしまうと、血管が固くなり動脈硬化を起こす等、命を危険にさらしてしまいます。
まずは過酸化脂質を抑制する栄養素であるポリフェノールを毎日の食生活にプラスする事が効果的です。ポリフェノールを含んでいる食品の中でも、若摘みのリンゴはポリフェノールの宝庫と言えるほど豊富に含有しているもので、熟成林檎の10倍もの量があるのである。二つに切ったリンゴが空気に触れると表面が茶色に変色しますが、これはリンゴに含まれているポリフェノールが酸化を表面で留める為に起こす現象であり、中身はみずみずしさを失わずに済んでいます。
ポリフェノールの働きは、人間にも同等の効果を発揮して、体の組織を錆びから守ってくれるのである。ポリフェノールを効率よく体の中で働かせる為には、ポリフェノールを単独で摂取するよりも、血行を促進させる効果が高いビタミンEや骨や肌の形成に必要なコラーゲンを生成するのに不可欠なビタミンC等の成分を共に摂取できるのが理想的なものである。また、これらの有効成分もまた、酸化を予防する事が出来るものでもあります。
若摘みリンゴが栄養豊富である事が分かっても、若摘みリンゴは収穫できる時期も限られており、原産地から出荷され、消費者の手元に届く為には、取り立ての栄養素のまま確保するのは至難の業です。
健康を維持し促進させるには、もぎたての新鮮な若摘みりんごのポリフェノールを栄養素を減少させないまま取り入れる事が肝心で、ポリフェノールの抽出法にこだわり、ポリフェノール自体を酸化させる事無く製品化したサプリメントの利用が最適です。また、サプリメントの良さは食品で食べるのと違い飽きずに続けられるという点でも有ります。いつまでも健康体で過ごす為に摂取されるのが理想的です。